スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年印象に残ったできごと。


 
いよいよ年の瀬も押し迫って来ました。 なんだか物凄い勢いで時間が流れて行きます。今年はもっと更新しよー、とか言ってて、気が付いたら年末ですよ。これではまるで「書く書くサギ」。

このページを読んでくれているあなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか? 私にとっては、今年前半、3月から6月頃にかけて、すごく大きくエネルギーが動いていたように思います。で、年末の〆めくくりに、その頃特に印象深かった出来事を書いておこうかと思います。

『人は、死ぬ間際に、色々と後悔する事が多いと聞く。例えば、誰それにあやまっておけば良かった、とか、本当はありがとうと言いたかったのに言えなかったとか…。「許せない」という気持ちを抱えたまま生きるのって、時間の無駄じゃん。死ぬ時に許せるのだったら、生きている間に許せないワケが無い。そーだ、今、許そう!』

2月末頃から3月始めにかけて、なんか衝動的に、こういう思いに駆られました。今思うと不思議です。で、個人的な話になりますが、私が一番許したくて完全に許せていない相手というのは、別れた元夫でした。離婚っていうのは何と言っても私の人生、一、二を争うしんどい思いをした黒歴史。別れて以来、さんざん自分癒しはしてきたし、おかげで相当楽になってはいたものの、まだ完全では無いな、という思いがどこかにありました。

それで、ほら、ホ・オ・ポノ・ポノってあるじゃないですか。「ごめんなさい、許してね、ありがとう、愛しています」っていう四つの言葉を、本気でそう思って無くてもいいからとりあえず言えっていうやつ。これをやってみたんです。

相手の顔を思い浮かべながら、「ごめんなさい、許してね、ありがとう、愛しています」…と言ってみたところ・・・なーんだ私、ぜんっぜん本気で言えてないわー。ほんとに口先だけだわー。心のなかでは「けっ。」って思ってるわー。これ、本当に効果あるのかなー? ま、いっか。とりあえずはやってみたんだし。・・・っていうのが正直な感想でした。

ところが。次の日に、胸の辺りから何かが消えている感覚があったんです。たとえて言うなら、小さくてとても硬い、碁石みたいな黒い石のようなもの。それが溶けて無くなった、という体感がありました。そんな黒い石のようなモノをハートに抱えていたなんて、それが消えるまで知りませんでした。でもこの感覚があったおかげで、ああ、これで完全に許せたんだな、という確信がありました。めでたし、めでたし、・・・と、実は話はまだ終わらない。

ハートから黒い固いものが消えてから2週間くらい経った頃かな。なんとその別れた夫にばったり出会ったんです。まったく音沙汰が無いまま、お互い今どこで何しているのか知らないまま、10年以上経っていたのに、です。

あー、びっくりしたーーー。何でこの人がここに居るのーーーっ?!!…って。でも、完全に許せた後だったので、昔の友達に偶然出会った、くらいの気持ちで接することが出来ました。そして、ホ・オ・ポノ・ポノの四つの言葉を、直接本人に伝えることも出来た。・・・ていうか、これ私どうしても偶然と思えないっ。許せたから出会えた気がするっ。宇宙は時にホントにアジなまねをする、と思った出来事でした。

何かね、これで私、魂の宿題が一つ終わった気がする。それも割りと大きめのやつ。あー、来世に持ち越さずに済んで良かったー。

それでは皆様、ステキな2017年をお迎えください。
スポンサーサイト

物の幸せ



ずーっと以前、とあるレインコートの老舗ブランドに勤めていた時に、サンプルセールで買った大きな旅行カバンを、ネットで買い手を見つけて売りました。買ってくれた人は、夫婦でカバンを取りに来てくれて、一目見た途端、二人ともそのカバンを本当に気に入って大喜びの様子でした。その喜び様を見て、ああ、ずーっと宝の持ち腐れだった私のカバン、大事に気に入って使ってくれそうな人達のところに行くことが出来て良かったなぁ〜、ずーっと宝の持ち腐れでゴメンねー、幸せになってねー、と、めっちゃほのぼのした気持ちになりました。

で、思ったのですよ。きっと、モノにも幸せというものがあるのではないかと。昨今、断捨離が流行っているようですが、実際余計なモノは、それを大好きになってくれる人の所へ、どんどん旅立たせてあげた方が良いんだろうな〜。そして自分は自分で、本当に好きで、ちゃんと使ってあげられて、持ってて嬉しいモノだけを所有したいものだな、と。けれどもその取捨選択はなかなかと困難で、余計なモノに埋もれる生活をしている私だけれども。少しずつでもモノを減らして、もっと身軽な生活をしたいなぁと思う今日この頃です。



面白心理テスト

あぁ、またスポンサーサイトの広告が出てしまった。
ごぶさたしています。

ええーっと、これはホメオパシーとは何の関係も無いんですが、
友達のブログを読んでいて、面白い心理テストがあったので、
私もここに貼っちゃいます。

こうやって、いわゆる「不幸の手紙、幸福版」みたいなのをを広めるってことは、
普段まったくやらないんですが、私、自分の結果を見て爆笑してしまったもので、
これはまぁ、例外扱いってことで。

面白いので、興味のある方はやってみてください。普段、小説は一番最後のページから
読むって人も、今回はネタを先に読んではダメですよー。ではスタート。


紙と鉛筆を用意して最後まで読んでね☆



このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。

約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。たったの3分ですから、ためす価値ありです。

まず、ペンと、紙をご用意下さい。先を読むと、願い事が叶わなくなります。

1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。




2)1番と2番の横に好きな3~7の数字をそれぞれお書き下さい。




3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく)



必ず、1行ずつ進んで下さい。先を読むと、なにもかもなくなります。





4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。





まだ、先を見てはいけませんよ!!

8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。





5)最後にお願い事をして下さい。






さて、ゲームの解説です。

1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。

2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。

3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。

4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。

5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です

6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。

7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。

8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。

9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。

10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。

これを読んでから、1時間以内にブログに貼り付けなさい。そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、送らなければ、願い事と逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが、当たってませんか?


…ってことでした。たねあかしの最後の行が、ちょっと脅迫めいてて、なんだかなー、と思うけど、
私の人生をあらわす歌は、ラビアンローズぅ、でした。ばら色の人生、悪くないわー。
他の曲の選択も、なんか言いえて妙でした。…というわけで、あなたの結果はいかがでしたか?

明けましておめでとうございます。

Field Blewit/Blue Leg/Lepista saeva

2012年、明けましておめでとうございます。

なんだかんだ言って、とうとう2012年ですよ。
巷で言われるアセンションの年ですね。
さぁ一体今年の年末に何が起こるのか…って思うと、
案外平凡に、ふつう~に過ぎていくんじゃないのかな、なんて気がします。
どちらかというと、変化は個人の内面で起こって行くんじゃないのかな。

内面が変われば、その人のモノの見方や出来事の捉え方が変わってくるわけで、
そうすると、その人の現実そのものが変わって来ることになりますよね。
…そういう変化が顕著に起こる年なんじゃないかなー、と思います。

なんて。まだ年が明けたばかりというのに、もう年末の話なんかして、
鬼が笑うーーー。かもしれない。

冒頭のキノコは、クリスマス前に近くの公園で見つけたものです。
良い出汁が出るんですよー。鍋に、しいたけと一緒に入れて頂きました。
食べられるキノコが生えているのを見つけると、狂喜乱舞してしまう程
嬉しい人なんで、年始とは全然関係のない画像ですが載せてしまいます。

ここを訪れてくれたあなたにとって、2012年がステキな年になりますように。

ハンドクリーム

私はスキンケアにはほとんど気を遣わない方なんですが、最近手の甲の乾燥がひどくて気になるので、良いハンドクリームは無いかと探していました。ハンドクリームって、塗ったあとに手がべたつくのが嫌なので、さらっとしつつ、でも保湿はばっちり、みたいなのが理想的。

今まで試した中では、ヴェレダ(Weleda)のSea Buckthorn Hand Cream というのが結構お気に入り。適度にこってりしてて、でも塗ったあとはサラサラ。ほんのりオレンジっぽい香りも気持イイ。チューブ入りなので持ち運びにも便利。ただ、保湿があまり長持ちしない感じで、何度も塗りなおさなくてはなりません。
weleda handcream herbfarmacy handcream

今使っているのは、先日も書いたherbfarmacyのポンプ式のもの。これは、塗った感じはかなり軽く、サラサラしています。でも保湿は結構長持ちする感じ。ただ、手の乾燥が激しいと、塗った時の感じが軽すぎてややもの足らない。あとはガラスの容器で重いので持ち運びには適さない。容器に小分けしなければならないのが手間です。

ところがですよ。キッチンに時々あるもので、ハンドクリームとして使える、とても良いものを発見してしまいました。その名はアボカド。この間、アボカドを切っていて、果肉がほんの少し手についたので、そのまま手全体に伸ばしてみました。そしたら薄いオイルの被膜で手全体が覆われる感じで、でも全然べたつかず、実に良い感じ。試しにもう少しだけ、手の先に乗せてつぶしてみたら、オイルがじわっと指の間から滲み出し、そして繊維の部分はほとんど残りませんでした。さすが、森のバターと呼ばれることはあるなぁ、と感心しましたよ。(と同時に、健康食品とは言え、高カロリーなんだな、ということを、実際にこの目で見た感じ)量としては、小指の爪の半分くらいで十分、手全体に馴染みます。

アボカドは、常に冷蔵庫の中に入っている食品というワケではないけれど、これからは買った時には手にも塗ろう! と決めました。

ちなみに、顔にも良いんじゃないか? と思って、少し多めに取って塗ってみたんですが、うまく果肉がつぶれてくれなくって、顔が緑のまだらになってしまった…(おバカ)。顔に使う場合は、フェイスクリームと言うよりはパックとして使った方が、多分良いのでしょうね…(となると、突然面倒臭くなってやらない私)。

プロフィール

Dana

Author:Dana
こんにちは。このサイトを訪問してくださって、どうもありがとうございます。熱烈歓迎!

私はロンドンでホメオパシーのコンサルテーションと、ヒーリング、スピリチュアル、ホメオパシー系の通訳・翻訳を専門に行っています。

このブログでは、ホメオパシーやヒーリングについて、その他、自分の興味のあることなど、日々のつれづれを気の向くままに綴っています。

ホメオパシーは、人に本来自然に備わる自然治癒力を穏やかに刺激して健康に導く、心と体に優しいセラピーです。体の症状にも良く効きますが、なんだか人生が生きづらい、自分に自信が持てない、と言った心の問題にもよく作用します。

本当のヒーリングって、心の底から自分自身を認めてあげること、どこに居て何をしてても自分で居ることが心地良いと感じることなんじゃないかな?と思います。

ホメオパシーを通して、自分自身と心地よい関係を築いてみませんか?

ご興味のあるかたは下記までご連絡ください。

noriko.stardust@googlemail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。