スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナットミュア・ネイチュミュア・Nat-mur

salt crystal 1


Nat-mur は、ネイチュミュア、ナット・ミュア、ナトムール、などなど日本語で色々に呼ばれていますが、英語での正式名称は Natrum muriaticum (ナトラム・ミューリアティカム)、化学式はNaCl(塩化ナトリウム)。つまり、食用になる塩から作られたレメディです。

ホメオパシーのレメディとしては最大級に属するレメディの一つ。精神、感情、身体、それぞれの分野でカバーする症状もよく出揃っていて、包括的なレメディです。

もっとも大きな特徴は「慢性的な哀しみ」「哀しみを経験して以来の不調」。その中でも特徴的なのは、何かを失った悲しみです。家族を亡くした、誰かと別れた、フラれた、仕事を失った、健康を損ねた、ペットを亡くした、引越しで環境が変わった、結婚し姓が変わった、転職して仕事場が変わった、などなど、「失う」可能性のあるものには色々な種類がありますが、Nat-mur はどちらかというと、仕事や金銭関係のロスよりは、恋愛や人間関係の喪失の方が要素としては大きいレメディ。

悲しみも、その場で表現してスッキリ、後に持ち越さなければ慢性化しませんが、Nat-mur の人は泣くことができなくて、感情を内側に保ったままで生きていきます。人前で泣くのは絶対に出来ないタイプ。でも音楽を聴いたり、映画を見たりした時に代償で泣きます。

そして、傷つき易く、また根に持つタイプでもあります。昔傷ついたことを、いつまでも手放すことができなくて、しつこく何度も思い出します。そして、二度と傷つきたくないあまり、心に壁を作ります。涙と共に、塩分も外に出て行くけれど、涙が流れなければ、塩分も体の中に保たれたまま。きっと心の周りの壁は、塩で出来ているんでしょう。というわけで、ナットミュアは、ハートに垣根ができてしまった人のレメディですが、臓器の心臓にも親和があります。主に、腎臓・血圧から影響を受けるタイプの心疾患。

心の周りに壁のある人なので、Nat-murタイプは慰められるのも好きではありません。あれこれ構われたり同情を示されるのが嫌いで、一人でそっとしておいて欲しいタイプ。本当に仲の良い人にだけ、心の内を明かします。

小さいとき、例えば幼稚園に上がる時など、初めてお母さんと離れ離れになって、心細くてうわーーん、と泣いてしまって、その時にぴしゃりと「泣いちゃダメっ」と怒られて、泣けなくなるという場合もあります。哀しい時には涙を流すのが自然な反応だけれど、涙を出さずに抑圧して内側に溜め込んでいくと、悲しみは慢性化してNat-mur化していきます。

身体の症状としては、頭痛、偏頭痛や高血圧を大きくカバーするレメディです。他の症状でも、明らかに悲しみをきちんと処理できなくて抑圧してしまった結果出てきた症状ならば、Nat-murが効く場合も多いです。

頭痛の特徴:一箇所を金槌で叩かれ続けているような痛みや、張り裂けそうな痛み、万力で挟まれるような痛み。朝10時頃から午後3時ごろにかけての痛み。悲しみを抑圧が原因で慢性の頭痛持ちになったケース。太陽に当たりすぎて頭痛。生真面目な女子高生の頭痛。本を読んで目を使いすぎた後の頭痛。偏頭痛の場合は、視界が歪むなどの前兆や吐き気を伴う場合もあります。

食べ物は塩が好き。


スポンサーサイト

モルダバイト (2)

Moldavite 2
宝石としてカットされたモルダバイト

さて、先日に引き続き今日はモルダバイトというレメディそのものについて。

モルダバイトは1994年に、複数のホメオパスによるグループ瞑想でプルービングされました。(プルービングとは、レメディの有効性を調べる為に、健康な人がレメディを用い、それによって出てくる症状を記録していくというホメオパシーのリサーチです)

精神の症状

モルダバイトのキー・ワードは、「隠された真実を暴く」。怖くて顔を背けていた真実、または本人すら気付いてなかった、深いところに隠れた真実にモルダバイトは患者を直面させます。ある意味、とても厳しいレメディ。モルダバイトを処方するためには、まず患者自身がしっかり地に足を付けていて、身体と心、両面でモルダバイトを受け止める準備が出来ていることが望ましいです。まだまだ自分のネガティブなパターンを手放す準備の出来ていない人が飲むと、結構きつい思いをするかも。

…ネガティブなパターンなんて、誰だって解放したいと思うんじゃないの?って思いますか?実はそうでもないんです。自分でも知らずにネガティブにどっぷり漬かっていて、でもそこから出るのは未知の世界に足を踏み入れることになるからすごく怖い。ネガティブだけど、ここは最低自分のよく知っている場所だからここに居続けよう。と、潜在意識でそういう思いを抱え込んでしまっていて変化できないで居る人は、沢山居ます。

マヤズムとしては梅毒マヤズムとの繋がりがとても強いレメディ。まっ暗闇を自分の中に抱えている人のレメディです。梅毒マヤズムの影響で隠れたトラウマを持っていて、それが邪魔をして先に進みたくても進めない状況にある人のブロックをはずします。例えば、自分でも分からない何かを抑圧している感覚を持っている人、初めから何かの抑圧と共に生まれてきてしまった、でもそれが何か分からない、と感じる人。先祖からのトラウマとか過去世のトラウマが強いとそうした感覚を持ち合わすようになります。

スピリチュアルの世界にすごく興味があり、そっちの方向を模索しているんだけど何かが邪魔して先に進めない、もどかしい、と感じる人は、心の準備が出来ていれば、モルダバイトが隠れたブロックをはずし、そうした道筋への進歩と変容を促します。

その他の特徴としては、古代エジプトとかインカ文明に強く惹かれる人や、大自然の力を感じたくて嵐の真っ只中とか荒野のど真ん中に行きたがる人。また、過去世での性的なカルマを背負ってしまっている場合にはそれを浄化してくれます。

恐怖で真実が見えなくなっていて、自分で判断が出来ずマスコミや政府の流布することをそのまま鵜呑みにしてしまう人に、本当は何が大切なのか、自分で判断できるように光を照らしてくれます。。

他には、エネルギーに敏感で、携帯電話が嫌いな人や、まわりのネガティブなエネルギーからもろに影響を受けてしまう人。

身体の症状

モルダバイトの身体の症状としては、「黒く変色する」「火傷」「焼けるような痛み、感覚」という特徴が強いです。火傷しやすいとか、癌の放射線治療で放射線を当てたところが焼けるように痛み、おまけに黒く変色する、といった症状に。また、皮膚に出来た潰瘍や皮膚発疹も黒く変色し、焼けるような痛みがあればモルダバイトの症状とマッチしています。





モルダバイト Moldavite (1)

Moldavite

友人から、モルダバイトというレメディについて知りたいというリクエストがありました。実は私、モルダバイトという石には強い思い入れがあります。なのでこれから2回に分けて、モルダバイトについて書きたいと思います。

まず第一回は、モルダバイトというクリスタルそのものについて。

モルダバイトは、テクタイトと呼ばれる天然ガラスの一種です。天然ガラスには、主に火山の噴火によって出来たものと、隕石が地球にぶつかった時に地表のガラス成分が溶けて出来たものがあり、テクタイトは隕石由来の方のクリスタルです。(ちなみに火山噴火の折に出来た石は、オブシディアン/Obsidian(黒曜石)がよく知られていますが、これもレメディになっています。)

テクタイトにはいくつか種類があり、通常は黒っぽい色や、ビール瓶のような茶色い色をしているのですが、モルダバイトだけは美しい緑色をしています。このため何千年も昔から半貴石として護符などに使われ、珍重されてきました。

モルダバイトが採れるのは、チェコの首都プラハから南に80キロ~120キロ下ったモルダウ河流域の、ごく限られた地域です。今から1500万年程前に巨大隕石が地球に激突した時にできたと言われています。

Moldavite wirewrap pendant
銀のワイヤーラップ・ペンダント(自作。うふふ)


宇宙由来のクリスタル、モルダバイトですが、何だかとっても神秘的な感じがあります。光にかざして見ると、深い森のような緑の中に、蜂蜜をかき混ぜた時のうねりのような模様が見えます。また小さな気泡を含んでいるものもあり、 その気泡の中には1500万年前の大気が入っているのかと思うと感慨深いものがあります。モルダバイトは一時、スピリチュアルに傾倒する人々の間で大人気でした。かくいう私も一時期、夢中になって集めていました。

モルダバイトを持って瞑想する人の中に、突然サイキック能力が目覚める人が数多く居たとも言われます。または、とても熱い感じがするとか、手足がびりびりする感覚とか、心臓がドキドキする感じなどを経験する人が多いということです。私個人の経験では、突然宇宙の声が聞こえるようになった、とか、そういう面白い出来事は無かったですが、初めて手に持って瞑想した時に、手がじんじんして頭がかーーーーっっと熱くなり、大きく膨張する感覚は確かにありました。

そして、モルダバイトを所有する人には、有無を言わさぬ大きな変化が訪れると言われています。それは決して当人にとって愉快ではない変化かも知れないけれど、長い目で見ればその人の成長にとってポジティブな出来事なのだと言われています。

実は私もモルダバイトを一生懸命集めていた頃、電撃的な突然の変化を経験しています。そしてそれがホメオパシーを真剣に勉強する大きな動機になっているので、これ、ほーんと、あながち「モルダバイト神話」とも言い切れませんよ~。

…ということで、次回は実際のレメディ像をお伝えします。
プロフィール

Dana

Author:Dana
こんにちは。このサイトを訪問してくださって、どうもありがとうございます。熱烈歓迎!

私はロンドンでホメオパシーのコンサルテーションと、ヒーリング、スピリチュアル、ホメオパシー系の通訳・翻訳を専門に行っています。

このブログでは、ホメオパシーやヒーリングについて、その他、自分の興味のあることなど、日々のつれづれを気の向くままに綴っています。

ホメオパシーは、人に本来自然に備わる自然治癒力を穏やかに刺激して健康に導く、心と体に優しいセラピーです。体の症状にも良く効きますが、なんだか人生が生きづらい、自分に自信が持てない、と言った心の問題にもよく作用します。

本当のヒーリングって、心の底から自分自身を認めてあげること、どこに居て何をしてても自分で居ることが心地良いと感じることなんじゃないかな?と思います。

ホメオパシーを通して、自分自身と心地よい関係を築いてみませんか?

ご興味のあるかたは下記までご連絡ください。

noriko.stardust@googlemail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。