スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淋病マヤズム‐過剰のマヤズム

Homeopathic Remedies 2


淋病マヤズムは、過剰のマヤズムと言われています。もともとは性病の淋病感染から発生してきたマヤズム。

精神、感情面は、とにかく、何でも多ければ多いほど良い、沢山欲しい、車もテレビも家も、複数持ちたがる。すぐに、直ちに、今、欲求を満たしたい! という、地味に待つことの難しいタイプ。強欲で、人を搾取する傾向もあります。自己中心的で、誰かと付き合うにしても、きちんと向き合って関係を築いていく、ということをせず、無責任ぶりを発揮します。

この世のすべての快楽をたっぷり経験したくて刺激を求めます。昔で言うと酒池肉林、もうちょっと近代的に言うと、セックス・ドラッグ・アンド・ロックンロールでブイブイ鳴らすタイプ。夜に強くて、日が落ちると元気が出てきます。昼過ぎまで寝ていて、夜になるとクラブに行って徹夜で踊って飲みまくるタイプ。

ハリウッドのギラギラした感じは、まさに淋病マヤズム渦巻く世界だなー、と感じます。胸が小さいといって、豊胸手術なんかするのも、まさにこのマヤズムのなせるワザ。

国の特徴や、社会的な傾向も、マヤズムの特徴が表れていたりしますが、現代のイギリスやアメリカは、とても淋病マヤズムが強い時代になっていると言われています。

ただ、淋病マヤズムの特徴は、自己破壊に至るまでのことはやらない、という点です。梅毒マヤズムだと、お酒や薬で身を持ち崩し、ホームレスになってしまったり、精神が破壊されたり、果ては命を落としたり、まで行ってしまう可能性もあるのですが、淋病マヤズムは、そこまでのリスクは取りません。社会生活はきちんと維持します。前日どんなに飲んでも、次の日にはちゃんと会社に行けるタイプ。

…こうした特長は、身体や病理にも表れています。淋病マヤズムの疾患は、梅毒マヤズムのように差し迫って命に危険のある、破壊的な疾患ではない場合が多いです。特徴は、「余分なものを作る」ということで、イボやポリープが出来たりします。腫瘍が出来たとしても良性のもの。ただ大きくなりやすい、とか沢山できやすいという傾向はあります。それから炎症を起こしやすいという傾向もあります。身体面としては、膀胱炎、尿道炎などの泌尿器、性感染など生殖器系への親和が強いです。

淋病マヤズムのノソーズは Medorrhinum、レメディは Thuja、Pulsatillaや Nit-ac などがあげられます。
スポンサーサイト
プロフィール

Dana

Author:Dana
こんにちは。このサイトを訪問してくださって、どうもありがとうございます。熱烈歓迎!

私はロンドンでホメオパシーのコンサルテーションと、ヒーリング、スピリチュアル、ホメオパシー系の通訳・翻訳を専門に行っています。

このブログでは、ホメオパシーやヒーリングについて、その他、自分の興味のあることなど、日々のつれづれを気の向くままに綴っています。

ホメオパシーは、人に本来自然に備わる自然治癒力を穏やかに刺激して健康に導く、心と体に優しいセラピーです。体の症状にも良く効きますが、なんだか人生が生きづらい、自分に自信が持てない、と言った心の問題にもよく作用します。

本当のヒーリングって、心の底から自分自身を認めてあげること、どこに居て何をしてても自分で居ることが心地良いと感じることなんじゃないかな?と思います。

ホメオパシーを通して、自分自身と心地よい関係を築いてみませんか?

ご興味のあるかたは下記までご連絡ください。

noriko.stardust@googlemail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。