スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭痛のレメディ

Belladonna/Deadly Nightshade
ベラドンナ

前回二回、新しいレメディの話がが続いたので、今日は臨床のマテリア・メディカということで「頭痛のレメディ」の色々。ご家庭で選んで使えるように、レメディ・キットに入っているものを中心にご紹介したいと思います。

ベラドンナ (Belladonna)
ずきずき、どくどくと脈打つような、熱を持った感じの強烈な頭痛。血液が大量に頭に流れ込む感じで、脈打つたびにどっかーん、どっかーんとまるで頭が爆発しそうな激しい頭痛。内側から外側に向かって押されるような感覚の痛み。あまりに痛くて目玉が飛び出すんじゃないかと思うような激しい痛みで、こうした痛みが突然始まって突然終わります。痛みは午後3時に特に悪化。頭痛と共に顔が赤くなる、または手足が冷たくなるという付随症状があります。痛む場所は、こめかみ、おでこ、または右側の後頭部に始まって右目の上に痛みが移動、という特徴があります。光がつらいので、頭が痛い時はとにかく暗い部屋でじっとおとなしく寝ていたい人。日射病でこのような頭痛に見舞われた場合にもベラドンナが使えます。他には生理中や更年期の頭痛、または髪の毛を洗って乾かさず、頭が冷えて頭痛、といった場合にも適合します。

ブライオニア (Bryonia)
ブライオニアの一番の特徴は、「動きで悪化」です。とにかくちょっとでも動くと痛むので、できるだけ頭を動かさないようにして、じいーっと痛みに耐える感じ。「まばたきするだけでも痛い」とか、「目の玉を動かすだけでも余計に痛い」という程、動きで悪化する場合は、まさにブライオニアがぴったり。痛みの特徴は、ちくちく刺すような痛み、または頭が重く感じる鈍痛。付随症状としては、喉が渇いて水を一気に大量に飲むというのがあります。また痛みの最中、イライラと怒りっぽくなります。頭痛とともに便秘している場合もあります。ブライオニア・タイプの人は、普段からお金の心配が強く、株とか不動産とかに投資して利殖を熱心に行う人です。

ナックス・ボミカ (Nux Vomica)
ナックス・ボミカの頭痛は主に肝臓や胃腸への負担からきています。「きのう飲みすぎたー、もう酒止めるーーー。」って感じの二日酔いの頭痛に。または仕事中毒で毎日コーヒーがぶ飲み、ストレス一杯、赤ワイン大好き、激辛カレー大好き、肝臓に負担かかってまーす、というタイプの人の、慢性的な偏頭痛に。頭痛とともに便秘しているという場合もあります。頭が痛い時に、雑音や匂い、光など、外の刺激とても敏感になり、頭痛に響くという特徴があります。もともと肝臓・胃腸に負担がかかっていての頭痛なので、肝臓のデトックスをやっておくと良いかと思います。

ジェルセミウム (Gelsemium)
頭が重くて虚弱感や疲労感の激しい頭痛。表情がぼやーんとしていて眠たげです。まぶたが重くて今にも目が閉じてしまいそうな感じ。または、衰弱して頭が重くてかっくんと前に倒れてしまいそう。体の衰弱感が激しく、何もやる気が起きません。頭痛は後頭部または首の後ろあたりから始まって、ひたいや目の上に伸びます。頭痛とともに視界がぼやける場合もあります。尿をすることで好転、という特徴的な基調があります。首が凝っている感じの頭痛にも適応します。風邪をひいていて頭痛がしている場合には、背中をゾクゾクっと寒気が走るという症状もあります。

ナットミュア(Natrum Muriaticum/NatMur)
偏頭痛に対応するレメディ。毎日起こる、一日おきに起こる、など、周期性を持った頭痛に対応します。頭痛の原因としては、とても強い悲しみを経験し、その感情を抑圧してしまって慢性的な頭痛に悩まされるようになる、というのが特徴的です。その他には、日光に当たって頭痛が始まる、また集中して本を読んだり、目を酷使した後の頭痛にも対応します。時間の基調としては、朝寝起きに頭痛がする、または朝10時~11時頃悪化する頭痛。痛みの特徴は、破裂するような、または小さな金槌で一箇所を叩かれているような痛み。頭痛とともに視界がぼやける、目がよく見えなくなるなどの症状もあります。(偏頭痛に対応するレメディはNat Murだけではありません。また、偏頭痛は慢性的なものなので、ホメオパスにご相談することをお勧めします)

アーセニカム (Arsenicum
焼けるような、燃えるような頭痛。でも体は寒い。真夜中に悪化する頭痛で、患者は死の不安に怯え、そわそわと落ち着きがありません。体は毛布で温かくくるんでおきたいんだけど、頭は冷やしておきたいタイプの頭痛。

ポーサティーラ (Pulsatilla)
「頭が痛いの。くすん。シクシク」…泣き虫さんの頭痛。「ダイジョーブ、ダイジョーブ、痛いの痛いの飛んでけー」なんて慰められると、ちょっと痛みが和らぐ感じ。誰かが近くに居てくれて、かまっていて欲しい。一人で居られません。痛みの場所が、ころころ移動するタイプの頭痛。喉の渇きは無く、涼しい外気に当たると好転します。

ルータ(Ruta)
PCの見すぎや本の読みすぎ、針仕事など、目に過度の負担がかかった後の疲れ目から来る頭痛。頭痛とともに目が熱い感じがしたり、または目が充血している場合もあります。



コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/29(火) 16:57 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Dana

Author:Dana
こんにちは。このサイトを訪問してくださって、どうもありがとうございます。熱烈歓迎!

私はロンドンでホメオパシーのコンサルテーションと、ヒーリング、スピリチュアル、ホメオパシー系の通訳・翻訳を専門に行っています。

このブログでは、ホメオパシーやヒーリングについて、その他、自分の興味のあることなど、日々のつれづれを気の向くままに綴っています。

ホメオパシーは、人に本来自然に備わる自然治癒力を穏やかに刺激して健康に導く、心と体に優しいセラピーです。体の症状にも良く効きますが、なんだか人生が生きづらい、自分に自信が持てない、と言った心の問題にもよく作用します。

本当のヒーリングって、心の底から自分自身を認めてあげること、どこに居て何をしてても自分で居ることが心地良いと感じることなんじゃないかな?と思います。

ホメオパシーを通して、自分自身と心地よい関係を築いてみませんか?

ご興味のあるかたは下記までご連絡ください。

noriko.stardust@googlemail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。