スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅毒マヤズム‐死と破壊

Syphilitic Tarot Cards


梅毒マヤズムのテーマは「死」と「破壊」、色は黒。ノソーズはSyphilinum(スフィライナム)。梅毒マヤズムと親和の強いレメディとしては MercuryやAurumがあります。梅毒マヤズムは、すべてのマヤズムの中でも、最も恐ろしいと言われるマヤズムです。身体への親和は、脳神経、心臓、骨と、体の最も深い、最も重要な組織を侵します。すべての痛みは夜間に悪化します。それも、あまりにひどくて死にたくなるような激しい痛み。

何と言うか、梅毒マヤズムって症状像とか特徴がとにかく強烈なんですよね。「死神に愛されてしまった人たち」というと、ちょっと詩的な感じですが、梅毒マヤズムの人の病理や死に方は全然詩的じゃありません。えぐいです。例えば深い闇のトンネルを救いを求めて必死になって歩いていたら、遠くの方にようやく光が見えた、でもそれは全速力でこっちに向かってくる列車だった、みたいな救いの無さを感じます。

冒頭に何かイメージを、と思って「梅毒」で画像検索してみたら、あまりにえぐい写真ばかりが出てきたので梅毒そのもののイメージはやめにして、自分で写真を撮ってみました。タロット・カードのなかから私の思う梅毒マヤズム的なカードを選んで並べてみたものです。ひいぃぃー。見るからにオソロシイ。

梅毒マヤズムの傾向が強い人の特徴としては、とにかく自分が、または親類縁者が、常に死と隣り合わせな感じがあります。他にはとても深い病理を背負っている人が家族に多い。例えば自分に自殺傾向があるとか、家族の中に自殺者が居る。自殺傾向がある場合は、梅毒マヤズムの人は疥癬マヤズムの人とは違って、本当に自殺してしまいます。それも突然、遺書も残さず。他には親類縁者に殺された人が居る、または殺人者や重い犯罪を犯した人が居る。またはその人自身が犯罪者である。事故に巻き込まれて若死にした人が居るとか、命の危険に晒されるような事故に遭った人が居る、または自分がそういう経験がある。自分自身が事故に遭いやすい。何度も怪我をしやすい。特に、頭を打つような怪我を繰り返す。

破壊的なアルコール中毒も梅毒マヤズムです。淋病マヤズムにもアルコール中毒という特徴がありますが、淋病マヤズムの人は浴びるように飲んでもちゃんと次の日に会社に行ける人(仕事の質は置いといて)。社会生活の部分までが侵されることは無いのです。ところが梅毒マヤズムは、生活が破壊される程に飲みます。社会生活も家族生活も成り立たなくなってしまって、挙句の果てにホームレスになってしまう程、お酒がその人の人生を破壊してしまうような場合は梅毒マヤズム。麻薬中毒もしかり。マリファナやハッシッシといったような軽いものではなく、ヘロインやコカインに手を出して、それ無しでは生きていけないようになってしまうのが梅毒マヤズム。

生まれた時に心臓に穴があいていて塞がらないとか、先天的な奇形を持って生まれたというのも梅毒マヤズム。また何度妊娠しても流産を繰り返すというのも梅毒マヤズム傾向。

精神・感情面では、魂の闇、死にたいと思うほど深い鬱、統合失調症といった精神疾患も梅毒マヤズムです。精神が侵されるというのは、人間として機能できない、その人の自我が破壊されているという意味で、とても深いところが病んでいる状態だと言えます。この、「死にたい。自分なんか居なくなってしまえばいい」という深い闇を抱えている人というのは、案外日本人に多いのではないかな、というのは、私の感じる印象です。

梅毒マヤズムはスピードが速く、悲劇的な出来事が突然起こったり、または症状が進むのが速いという特徴もあります。例えば、よくある手術で大して難しいものでもなく、ほとんどの人はすんなり回復していくようなタイプの手術を受けて、感染症とか合併症を引き起こし、それがもとであっけなく亡くなってしまうなど。ガンの場合は進行が速い悪性の攻撃的なガンが梅毒マヤズム的なガンです。

また、怪我をすると普通なら炎症が起こってその後膿が出て、というようなプロセスを辿りますが、梅毒マヤズムの人の怪我は、炎症の段階をすっとばしてイキナリ組織が壊死して黒くなります。何でやねん?!と言いたくなってしまうような急激な病理の進行を示すのが梅毒マヤズム。

十代のにきびは顔中にぶつぶつ出来まくって、その後に皮膚がきれいにツルっと治らないでぼこぼこに痕が残ってあばた顔になってしまうタイプのにきび。

脳卒中や心臓発作も梅毒マヤズムです。それも、起きたと思ったら、そのまま亡くなってしまう、または重度の麻痺など後遺症が残るタイプ。

…なんだか書いていて、陰鬱な気分になってきたなぁ。塩撒いてお香でも焚こうかしら…。
コメント
No title
聞けば聞くほど恐ろしい梅毒マヤズムだけど、ホメオパシーの見地からのレメディとかの見解は?
2011/02/22(火) 19:47 | URL | Rei #e/FxDEek[ 編集]
Sex drug & Rock'n Roll
う~ん、Rockしてますね、梅毒マヤズムって・・・。70年代以降のサブ・カルチャー傾向って、とても梅毒マヤズム的に感じる(ミレニアム以降は完璧に・・笑)。社会とか世相等、集団意識にも特定のマヤズムの影響ってあるのかな・・・などと考えてしまう。
2011/02/23(水) 11:03 | URL | Kotomicreations #-[ 編集]
No title
Rei さん
レメディの話は、長くなってしまうので今回は省きました。
またそういう話もこの先書く機会もあるかも知れないので、
再び覗きにきて下さい。

Kotomicreationsさん
それぞれの時代を反映するマヤズム、あります、あります。
サッチャー政権以降のイギリスは、More is better な
淋病マヤズムの世代になっていくのよーん。
2011/02/23(水) 22:33 | URL | Dana #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/20(土) 04:32 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Dana

Author:Dana
こんにちは。このサイトを訪問してくださって、どうもありがとうございます。熱烈歓迎!

私はロンドンでホメオパシーのコンサルテーションと、ヒーリング、スピリチュアル、ホメオパシー系の通訳・翻訳を専門に行っています。

このブログでは、ホメオパシーやヒーリングについて、その他、自分の興味のあることなど、日々のつれづれを気の向くままに綴っています。

ホメオパシーは、人に本来自然に備わる自然治癒力を穏やかに刺激して健康に導く、心と体に優しいセラピーです。体の症状にも良く効きますが、なんだか人生が生きづらい、自分に自信が持てない、と言った心の問題にもよく作用します。

本当のヒーリングって、心の底から自分自身を認めてあげること、どこに居て何をしてても自分で居ることが心地良いと感じることなんじゃないかな?と思います。

ホメオパシーを通して、自分自身と心地よい関係を築いてみませんか?

ご興味のあるかたは下記までご連絡ください。

noriko.stardust@googlemail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。