スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベラドンナ

Illuminated Manuscript - Completed!
BELLADONNA
Atropa belladonna
Deadly night shade


突然の発熱。午前は元気に遊んでいたと思ったら、午後の3時に40度に近い高熱を出す。熱にうかされて、怖いお化けや黒い動物を見る。自分に向かって黒光りする羽虫やこうもりが飛んできたり、黒いイヌや狼がとびかかってくる、という幻覚を見るので、自分を守るために暴れまくる。それが、看病している親に向かって、蹴ったり叩いたり、噛み付いたり、という行動になってしまう。…という、かなり過激な症状像を持つベラドンナ。このレメディを勉強した時、「うーむ。イギリス人の子供なら、そういうとてつもない暴力的な症状を出すのも何となく分かるけど、日本人の子で、これだけ元気な症状を出す子って居るのかなー?」と疑問の思ったことがあります。あと、「黒い動物が邪悪」っていうのも、西洋人の潜在意識には強く染み付いているかもしれないけど、日本だと、「邪悪なもの」の象徴がちょっと違う気がする。

発熱は、頭を冷やしたことが原因になる場合もあります。典型的なのは、頭を洗ったあと乾かさずに居て冷えた、とか、髪の毛を切ってスースーする、という時の発熱。微熱から徐々にゆっくり体温が上がっていくのではなく、急激に上がります。

熱を出して居る時は頭に血が上っているため、顔が熱く、手足は冷たい。そして目は瞳孔が開いていてガラスのように爛々と輝いている。ベラドンナの植物の実には、アトロピンという物質が含まれていて、これが瞳孔拡大させる作用があるために、昔の女の人はこの実の汁をわざわざ目に入れて、「瞳が大きくて、美しい女性」を演出していたとか(ベラドンナは、「美しい女」という意味なのです)。

症状は、午後三時に悪化。患者は暗いところでじーっとしていたがります。特に光を嫌がります。また、自分が寝ているベッドに誰かがあやまってごつんっとぶつかったりすると、症状が悪化します。例えば頭痛が「ずきーーーんっ」と来る、みたいに。また発熱時、患者は酸っぱいものを飲みたがります。例えばレモン・ジュース。

その他には、扁桃腺の腫れや喉の痛みにも親和。体のどの症状でも、真っ赤に腫れて熱い、という症状に向いています。頭痛は、がんがんと頭が破裂するような痛み。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Dana

Author:Dana
こんにちは。このサイトを訪問してくださって、どうもありがとうございます。熱烈歓迎!

私はロンドンでホメオパシーのコンサルテーションと、ヒーリング、スピリチュアル、ホメオパシー系の通訳・翻訳を専門に行っています。

このブログでは、ホメオパシーやヒーリングについて、その他、自分の興味のあることなど、日々のつれづれを気の向くままに綴っています。

ホメオパシーは、人に本来自然に備わる自然治癒力を穏やかに刺激して健康に導く、心と体に優しいセラピーです。体の症状にも良く効きますが、なんだか人生が生きづらい、自分に自信が持てない、と言った心の問題にもよく作用します。

本当のヒーリングって、心の底から自分自身を認めてあげること、どこに居て何をしてても自分で居ることが心地良いと感じることなんじゃないかな?と思います。

ホメオパシーを通して、自分自身と心地よい関係を築いてみませんか?

ご興味のあるかたは下記までご連絡ください。

noriko.stardust@googlemail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。