スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発熱のレメディ (1)

なんと去年ブログをはじめて2ヶ月もほったらかしてしまいました。まずは明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

ロンドンは今週、氷点下の寒いお天気が続いています。もう巷では、大雪が降る降るって大変な大騒ぎ。ロンドンは雪に慣れていないせいか、ちょっと雪が降っただけでも公共の交通機関があっというまに麻痺してしまいます。新聞やテレビのニュースでも大きく取り上げられてほとんど熱狂状態。大げさなんだってば。毎年5センチくらい雪の積もる日はあるわけで、いい加減慣れれば?とか思ってしまう。個人的には中途半端に寒くてジトジト湿気ているより、マイナス3℃とか4℃でかきーんっと乾燥して肌に刺さる寒さの方が気持ち良いなぁ、と思います。

さて今日は、寒い季節につきものの風邪、発熱のレメディを二つ紹介したいと思います。

ACONITE(アコナイト)
急な発熱の王様です。「かかったかな~?」と思ったらアコナイト。突然の風邪や発熱の初期の段階でブルブルっと来た時にタイミングよく飲むと、風邪そのものにかかることなく終わるということもあります。アコナイトの特徴としては、寒い日に乾燥した冷たい風にぴゅーーーっと吹かれて熱が出た、というタイプの発熱です。熱は高熱が急激に出ます。症状は真夜中に悪化。精神面としては、落ち着きが無く「死ぬ死ぬ!」と死の恐怖に怯えます。熱とともに喉がひりひりと痛む場合もあり、患者は水を飲みたがります。咳は短く乾いた咳が出ます。

ところで高熱を出すというのは、がんがんエネルギーを燃やしている状態ですから、体は相当のエネルギーが必要です。高い熱を、それも短い時間で急激に出せるというのは、実は体に底力がある証拠。というわけで、アコナイトのようなタイプの熱を出せる人というのは、元来体力があって丈夫な人です。

BELLADONNA(ベラドンナ)
これもやはり突然の高熱に対応するレメディです。熱は乾いて燃えるような強い炎症性の発熱で、寒気はありません。顔と体がほてって燃えるように熱くて赤みがあり、手足は冷たいのが特徴です。子供が熱を出しているときに手をほっぺにかざすと、触っていないのに熱い感じがじいいいーんと伝わってくるような熱。特に午後3時に悪化します。目は瞳孔が開いて、まるでガラスのようにウルウルしています。あまりの高熱に浮かされて、黒い犬やこうもり、甲虫が自分に向かってやってくる、というような怖い幻覚を見たりする場合もあります。それを追い払おうとして手足をばたばたさせ、暴力的になることも。発熱中は光に敏感で、暗い部屋にいたがります。熱とともに頭痛がある場合は、ガンガン痛むタイプの頭痛。喉の痛みは主に右側に、焼けるような熱い痛み。扁桃腺炎もカバーしています。発熱中に、レモンジュースのような酸っぱいものを飲みたがります。髪の毛を洗ったあとに乾かさずに寝て頭が冷えたりとか、髪の毛を切って頭がスースーして急激な発熱、という時もベラドンナです。




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Dana

Author:Dana
こんにちは。このサイトを訪問してくださって、どうもありがとうございます。熱烈歓迎!

私はロンドンでホメオパシーのコンサルテーションと、ヒーリング、スピリチュアル、ホメオパシー系の通訳・翻訳を専門に行っています。

このブログでは、ホメオパシーやヒーリングについて、その他、自分の興味のあることなど、日々のつれづれを気の向くままに綴っています。

ホメオパシーは、人に本来自然に備わる自然治癒力を穏やかに刺激して健康に導く、心と体に優しいセラピーです。体の症状にも良く効きますが、なんだか人生が生きづらい、自分に自信が持てない、と言った心の問題にもよく作用します。

本当のヒーリングって、心の底から自分自身を認めてあげること、どこに居て何をしてても自分で居ることが心地良いと感じることなんじゃないかな?と思います。

ホメオパシーを通して、自分自身と心地よい関係を築いてみませんか?

ご興味のあるかたは下記までご連絡ください。

noriko.stardust@googlemail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。